クリニックBLOG

5a7f542ae664af3a52d6c796460143b86f18f61d.png
メールで問い合わせ

2021.02.25更新

安全強化対策として、ノータッチアルコールディスペンサーと顔認識検知カメラ体温測定器を、受付・待合室に設置しています。非接触式ですので、安心して使用していただけると思います。安全予防のご協力を宜しくお願いします。(ウ)

 


安全対策安全対策

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2021.02.05更新

皆さんこんにちは。

今日は矯正紹介のキャンペーンについてお話させていただきます。

2月に矯正紹介カードを持参されて、相談に来院されたかた、また、紹介していただいたかたに素敵なプレゼントを用意しております。

お近くで歯並びが気になられている方などいましたら、是非、当院にご紹介ください。

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2021.01.23更新

こんにちは。最近寒いと思えば暖かくなったりですね、、、

歯は固くて丈夫なイメージがあると思いますが

縦の力には強くても横からの力には弱くて意外と簡単に動きます。

そして、何らかの理由で歯を失ってしまった場合、隣の歯や対面する歯が無くなってできたスペースに傾いてしまいます。

特に、対面する歯(上の歯が無くなった場合は対面する下の歯)が飛び出してしまうため歯が伸びたように見えるのです。

一度飛び出してしまった歯を元の位置に修正するのはとても困難なため、通常より治療が長引いたり部分矯正の必要がでてきますので

歯を失ってしまった場合は、出来るだけ早く歯科医院へ相談に行くことをオススメします!

当院ではマウスピースやワイヤーでの矯正相談を受付ています。

 

                                                                       m.y

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2021.01.13更新

先日の、例年にない大雪。子供たちと雪遊びを満喫しました(^^)

ところでこの寒い時期、虫歯でもないのに歯が痛くなること、ありませんか⁇

寒くなると、縮こまって猫背になったり、肩をすくめたりしますが、無意識に思い切り歯を食いしばっていて、それが肩凝りや、歯の痛みがでる原因になることもあります。寝ている間でさえも、無意識に長時間、かなりの力で食いしばっていることもあります。

そうするとその翌日に歯が痛くなり、虫歯のような症状が出てくるのです。

歯の食いしばりによる影響は、
●歯のすりへりや欠損、亀裂、破折
●歯の動揺
●歯周組織にまで負担がかかると歯周病の原因に
●歯の亀裂から知覚過敏へ
●顎関節症
●肩こり など…

多くの影響が出てきます。

当院では「食いしばり」や「歯ぎしり」防止のマウスピースを作成する事も可能です。
痛みに悩まされている方は、一度ご相談にお越しください。

 

                         n.y

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2020.12.28更新

 

 

みなさんこんにちは!

 

今年も残りわずかとなってきました。

 

休診日のお知らせです。

 

12/29(火)~1/3(日)まで休診とさせていただき、

1/4(月)から通常診療となります。

 

なお、1/5(火)は研修のため11時より診療いたします。

 

 

当医院がお休みの間お痛み等出た場合は

下記テレフォンセンターまでご連絡ください。

お近くの当番歯科医院を紹介してくださいます。

 

テレフォンセンター  522-9999

(市立夜間・休日急患センター)

 

 

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2020.12.25更新

 

 

Merry Xmas

皆様クリスマスいかがお過ごしですか?

クリスマスにお正月、冬は美味しいものがたくさんありますね

1番好きな季節ですflower

甘いものを食べた後は歯磨きを習慣付けて

虫歯を作らないようにしましょう

そしてみんなで虫歯ゼロを目指しましょう!

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2020.11.28更新

出かけるとき、人と会うときマスクをするのが当たり前の時代になりました。マスクは飛沫を防いでくれるありがたい存在ですが、一方で多くの人が気づいていないマイナス面もあります。

 

マスクをしていると口を動かしおしゃべりする機会が減る。

飲み物を飲むのがおっくうになる。

その結果、口腔内のうるおいが減ってしまうのです。

そんな今の時期だからこそ、改めて唾液について。

唾液は歯の健康を守ってくれるだけでなく、全身の健康にもつながっています。

様々な作用の1つに抗菌作用があります。

口腔内に入った細菌やウイルスなどを自浄作用により洗い流すので心強い味方なのです。

常にマスクをして、うるおいが減っている今は特に意識して唾液を出すことも必要だと思います。

適度な水分補給、ガムを噛むなど効果的ですね!

 

          (n.happy)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2020.11.12更新

近頃寒い日が続き、コロナだけではなくインフルエンザや風邪にも気をつけていきたいところです。

さて、医療法人 将和会では全医院ウェブ問診というものを始めました。

今まではご来院していただいて問診をご記入いただいておりましたが、枚数も多かったり、お待ち時間がかかってしまったり、お子様から目が離させずなかなか進まない、保険証を忘れてしまったということが多々ありました。そこでウェブ問診を導入し、お家や外でもいつでも問診まで済ませてご来院いただけるようになりました。事前にご入力いだいておくことで、お待ち時間の短縮、感染症対策になり、より安心して通っていただける環境なりました。スマートフォンやネット環境のあるタブレット等で入力していだくことが可能です。当院ホームページにてウェブ問診のページへアクセスすることができます。ぜひ、ご活用ください。

ご不明点等ございましたら、お電話にてご相談ください。

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2020.11.01更新

朝晩の冷え込みに冬の気配が漂いはじめましたね。

風邪など体調を崩しやすい季節になりましたが、今から心配なのが

インフルエンザです。

インフルエンザの感染予防には『うがい、手洗い、マスク装着』と

言われていますが、口腔内を清潔に保つことも大きな予防法の1つです。

口腔内の細菌はインフルエンザのウィルスを粘膜に侵入させやすくする酵素を出します。

そのため口腔内を不潔にしていると、インフルエンザに感染しやすくなると言われています。

また歯周病の炎症もウィルスの感染を促進させます。

歯垢に含まれる細菌が酵素を作り、ウィルスの増殖を助けてしまうため口腔ケアをしっかり行いましょう!

いつものブラッシングに加え、舌磨きも行うと菌の繁殖を大きく抑える事ができます。

この機会に歯のクリーニングを行い、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで歯垢や歯石を除去してインフルエンザの感染予防をされてみてはいかがでしょうか?           (S)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2020.10.27更新

こんにちは。朝晩すっかり冷え込んできましたね。

北九州市のコロナ感染状況はだいぶ落ち着きつつありますが、油断はまだまだ出来ません。当院でも引き続き感染対策を徹底していこうと思います。

先日、当院の患者さんでホワイトニングを過去に行っている方なのですが、「ここ最近はコロナ渦でマスクばっかり。せっかく(歯が)白くなったのに自慢出来ないのが残念よ。でもこんな生活の中でも鏡で自分の歯を見ると、気分が上がるんよねー。」とおっしゃっていたのが印象的でした。

ホワイトニングはただ歯を白くするだけではなく、その方の気持ちまで豊かにすることが出来たのだと感じました。

当院で取り扱っているホワイトニング薬剤には歯周病予防の成分も含まれていますので、一石二鳥です。男女問わずおすすめしています。こんな時期だからこそ、ホワイトニングいかがでしょうか?

投稿者: うりゅう歯科クリニック

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE