歯を失ってしまった方へ

sp_bn01.png
メールで問い合わせ

保険適用の入れ歯

ブリッジが適応できないような歯の抜け方をしている場合の対処法のひとつに、部分入れ歯(部分義歯)があります。保険診療の場合、金具(クラスプ)が付いたタイプの部分入れ歯しかありませんが、保険外診療(自由診療)の場合にはクラスプが付いていないものなど、さまざまなタイプの治療が可能です。

歯がすべて抜けてしまっている場合は、総入れ歯(総義歯)による治療があります。保険診療の場合、素材はプラスチック製に限られますが、治療費を安く抑えることができます。

ノンクラスプデンチャー

「よく噛める」「痛くない」を叶える、新しい技術によって開発された最新の入れ歯です。小さく軽くて、入れ歯を装着していることを忘れそうなほどのフィット感が特徴です。

金属のバネを使用していないため、見た目にも自然で、周囲に入れ歯だと気付かれることがありません。北九州エリアで取り入れている歯科医院はほとんどなく、限られた歯科医院でしか受けることのできない最新技術です。歯が1本でもあればつくれますので、インプラントができない方にも喜ばれています。

シリコンデンチャー

バイオシリコンという特殊なシリコン樹脂を口腔内粘膜側に内張りした、純日本製の総入れ歯です。シリコンのクッション性が、今までの入れ歯にはなかったフィット感をもたらし、「よく噛める」「痛くない」入れ歯を実現しました。

「入れ歯が痛い」「ガタガタする」「馴染まない」といった、総入れ歯を活用されている患者さまがこれまで抱えていた悩みや問題を解消してくれます。金具(クラスプ)を使わないので、見栄えもよく、歯への負担が軽いのも特徴です。

インプラント

歯の抜けたところに人工の歯根(インプラント)を植えて、本来のお口の状態に戻すという治療です。「差し歯」や「入れ歯」といった方法もありますが、歯ぐきが変色したり、周囲の歯に負担をかけてしまったりとデメリットがあります。

インプラントはあごの骨にしっかりと固定するので、隣の歯にも一切負担をかけることなく、本来の噛む力を取り戻すことができます。長い視野でとらえていただくと、残っている自分の歯を活かせるインプラントが最適だといえるでしょう。