クリニックBLOG

5a7f542ae664af3a52d6c796460143b86f18f61d.png
メールで問い合わせ

2019.05.12更新

2月のホワイトニングキャンペーンが好評でしたので、今月よりデュアルホワイトニングの会員を募集しています。

ホワイトニングは歯を白くするだけではなく、細菌の数が減少することにより、歯周病、口臭、虫歯予防にも効果があると言われています。それに歯の色が白くなると実年齢より若く見える様です。そうですよね✨顔の印象の70%は口元で決まると言われています。

会員になると素敵な特典付きです。

またホワイトニングが出来ない方もいらっしゃいますので、お気軽にご相談ください。(ym)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.05.05更新

こんにちは。令和になって最初のブログ更新です。

GWは10連休だった方も多いのではないでしょうか。5月にはいって暖かくなりこまめに水分補給をしたり、心がけるようになってきますね。

そこで気をつけたいのがスポーツドリンクでの水分補給です。お水だけよりもミネラルなどが入ったスポーツドリンクは水分の吸収も早く夏に向けて出番が増えてきます。ですが、スポーツドリンクはミネラルと同様に砂糖も多く含まれています。そのため、ダラダラ飲み続けるとお口の中は元々中性なのに酸性に傾いてしまい、虫歯ができやすい環境になってしまいます。スポーツドリンクを飲むときは飲んだあとお水を飲んでお口の中を中性に戻す手助けをしてあげるといいですね。

少しずつ暑くなってきて脱水や熱中症に気をつけると同時に水分補給の仕方も少し工夫してみてくださいね(^^)

 

GW明けの当院の診療開始は5月7日9:30〜になっています。

連休明けということもあり予約が取りづらくなっております。ご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願い致します。

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.04.29更新

平成最後のブログ更新です。

今回は食と歯について書いていきます。

歯の健康、お口の健康は身体の健康と深い関わりがあります。

高齢の方のお悩みで「食べられるものが減った」とのお声をお聞きする事があります。

歯の状態が悪くなると柔らかい物を選ぶようになり、食に偏りが出てきます。そうなると徐々に栄養バランスが崩れていきます。栄養バランスが崩れてくると骨が弱くなったり、肌荒れがひどくなったり、風邪を引きやすくなったりと様々な症状が出てくる場合もあります。

歯の健康を保つために、永久歯に生え変わり始める6歳頃からよく噛んで食べる習慣が大切になります。

歯ごたえのある食材を取り入れたり、熱の入れ方、切り方の工夫でいつもの食事がカミカミ献立に!

子供の頃から沢山カミカミして歯の健康を維持していきましょう。

当院では歯のメンテナンスもしております。気になる方は当院にお問い合わせ下さい。

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.04.15更新

こんにちわ!

もうすぐGW突入しますね^_^今年はなんと10連休になる方もいらっしゃりますよね!

そんな楽しい休みの前にホワイトニングを行って、白く輝く歯で写真を撮って行きませんか!! より楽しい思い出が作れます(^^)きっと!!

歯科医院に行き一日で歯を白くするワンデーホワイトニングや、自宅でじっくり白くしていくホームホワイトニング

またその両方をやるデュアルホワイトニング!!^_^

まだまだ歯を白くするのには間に合いますので気になる方は当院のスタッフまでお問い合わせください^^

なお当院はGW期間の4月28〜5月6日までお休みさせていただきます。

(k.y)

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.04.13更新

皆さん、こんにちは。
歯を失い、見た目が気になっている、硬い食事がとれないなどお困りでないでしょうか?
今日はインプラント治療についてお話したいと思います。
インプラントとは歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根(チタン)を埋め込む治療です。
ブリッジや入れ歯と異なり、インプラント治療は両隣の歯を傷つけずに行うことができます。
一度削ってしまった歯は元には戻りません。
両隣の歯を守る意味でもインプラント治療をお勧めします。
インプラントは見た目も自然で、噛み心地も自分の歯のようによく噛めます。
噛めるようになると、美味しい食事も楽しくなり、何事にも積極的になります。
インプラントが終わった後は、毎日のブラッシングはもちろん、定期健診(メンテナンス)がとても大切です。
メンテナンスさえきちんとしていれば半永久的に保つことができるのです。
興味のある方は、お気軽にご相談ください。
                               Yw

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.04.03更新

新学期が始まると、発育測定などの検診も始まりますね。歯科検診では、虫歯だけでなく、歯並びや歯肉の状態もチェックしています。

 

歯並びが悪くなる原因は、たくさんありますが、ちょっとしたクセによって、歯並びが悪くなることをご存知ですか⁇

指しゃぶりしてると出っ歯になるよ!というのを聞いたことがあるとおもいますが、まさにそれです。舌を出したり噛んだりするのも同じで、出っ歯や、開咬(上下の前歯が噛み合わない)になります。また、口唇をかんだり、口呼吸や、頬杖なども歯並びに悪影響を与えます。

そして、歯並びが悪くなると、ご存知のとおり、虫歯や歯肉炎のリスクがあがります。しかし、それだけではなく、発音が不明瞭になったり、飲み込むことが上手にできなくなったり、噛むという機能が低下し、口の周りの筋肉や顎関節まで影響がでてきます。

 

子供の歯並び、そしてクセ。

もう一度、気にしてみてください( ¨̮ )

 

 

n.y

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.03.26更新

桜が咲き始めましたね。flower2flower2flower2flower2

もうすぐ4月。新年度が始まりますね。

 現在春休み 年度末で予約が大変混み合っております。

事前にご連絡いただければ空いている時間をお伝えできると思いますので来院される前には一度当院の方にお電話下さい。

(sk)

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.03.17更新

春の訪れが近づいていますね。

卒業シーズンを終え、新生活がスタートします。

季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります。

最近よく外来患者様で、口内炎や口角炎になっている方を

見る事が多くあります。

いつもと変わらない生活をしてるのに…の回答が。

年度末、新生活のスタート、様々な環境の中季節の変わり目が

影響しているのでは?

自分では感じていないストレスも原因かもしれません。

どうしたらいいの?質問にお答えします。

①お口の中を清潔にすることが大切です。

②乾燥を防ぐため、こまめに水分補給を。

③ビタミン摂取。主にビタミンB2,B6。

ビタミンB2ー牛、豚、鶏レバー、海藻、鰻、納豆、青魚、卵などビタミンB6ーニンニク、バナナ、鶏ササミ、マグロ、カツオなど

に多く含まれています。食物からの摂取が難しい場合はサプリメントなどで補うと良いですね!

数週間たっても治らず、悪化する時は受診をお勧めします。

新年度の始まりに気持ち良く迎えられる体調管理を!

 

          (n.happy)

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.03.12更新

花粉症の症状というと、涙目・鼻水・鼻づまり・くしゃみなどが思い浮かびますが、上の奥歯が痛くなる事もあります。

これは、鼻の粘膜の炎症を「歯が痛い」と間違った信号を脳に送るためです。

花粉症の症状が出ていない時も、歯だけが痛む時があれば花粉症の薬を飲んで安静にし、痛みがとれれば歯の治療は必要ない事も・・・。

蓄膿症でも歯が痛む事があります。

また花粉症の症状による鼻水・鼻づまりが原因で鼻呼吸が難しくなり、口呼吸になると口の中が乾燥して唾液の量が減り、口腔内の細菌が増えやすくなって歯周病や虫歯が進行しやすくなります。

水分をしっかりとって、キシリトール配合のガムを噛んだりして唾液の分泌を促しましょう。     (c.s)

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.03.05更新

 

 

こんにちは!

当医院のインビザラインモニターの

インビザラインが終了しました!

 

どのくらい歯並びが変わったのか

ビフォーアフターをご覧ください。

 

before

インビザライン

 

after

インビザライン

 

 

前歯や奥歯などガタガタだった歯並びがキレイなアーチ状に並び、

奥歯でちゃんと食べ物が噛み切れるようになりました☆

治療期間は3年程です。

 

ブログの一番下の方にあるカテゴリの

インビザラインから見て頂ければ

モニターのブログ一覧を見ることも出来ますので。

気になる方は見てみて下さい。

 

3年の間にマウスピースが合わなくなったり

歯の並び方が不十分なこともあり

2-3回作り変えたり顎間ゴムを使用したり

オーソパルスで期間を短くしたり・・・

 

色々なことがありましたが

とてもキレイな歯並びになって

本人もとても満足しています。

 

今後は、ビベラという歯の後戻りを防ぐマウスピースを

しばらく使っていきます。

このマウスピースをきちんと使うことによって

歯が安定し、キレイな歯並びを保つ事が出来ます。

 

このインビザラインモニターについて

この投稿で終わりになりますが、

また経過観察等でご紹介するかもしれません。

その時は宜しくお願いします。

 

 

矯正に興味のある方は

無料の矯正相談等行っておりますので

ぜひ一度当院にお越しください。

 

 

(E.K)

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

前へ 前へ

SEARCH