クリニックBLOG

5a7f542ae664af3a52d6c796460143b86f18f61d.png
メールで問い合わせ

2019.06.09更新

こんにちは!梅雨の時期ですね。

気圧の変化や寒暖差により体調を崩される方が多いとの事です。

 

さて、病は口からと題して様々な全身疾患との密接関係について

今回は「認知症」についてお話いたします。

 

認知症とは、脳機能で障害が起こり、認識力、記憶力、判断力が出来なくなる病です。アルツハイマー病は、その症状を引き起こす疾患の1つです。原因として、脳の中にタンパク質が溜まる事やヘルペスウィルスの関与が疑われています。近年では口腔疾患との関与も主張されています。

歯周病菌が症状を加速させるとの報告が上がっています。研究にて、歯周病発症すると「アミロイドβ」の脳内レベルと脳内炎症分子が高まり、記憶学習能力の低下が確認されたのです。

どこも痛くないし歯医者にはなるべくかかりたくない…そう思われる方が多いでしょう。しかし、今や治療ではなく予防の時代です。人生100年と言われていますが、これから歯科衛生士に求められる幅が拡がる事でしょう。

まずは、定期検診を兼ねクリーニングメンテナンスに足を運んで下さい!

 

            (n.happy)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.06.02更新

『歯の衛生週間』から名称が変わって【歯と口の健康週間】が6月4日から始まります。

6月に入ったばかりなのに、もう真夏のような暑さの日もありますが、冷たい飲み物が美味しく感じる季節ですね。

ビールや炭酸飲料、スポーツドリンクに、夏バテ対策に飲む栄養ドリンクやお酢など、夏に飲む機会が増えるドリンクですが実は、虫歯の原因になる飲み物でもあります。

酸性の強い飲み物は歯の表面のエナメル質を溶かしてしまい、知覚過敏や虫歯の原因になります。

夏場に欠かせない飲み物ですが、飲み過ぎに注意して水分補給はお茶やお水を飲むようにしましょう。 

また、唾液にはカルシウムやリンなどのミネラル分が含まれていて酸を中和します。

酸性の飲食を摂取した直後の歯磨きは歯を傷つけやすくなっているので、唾液が酸を中和してくれるまで30分程待って歯磨きをすると良いそうです。      (C.S)

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.05.26更新

こんにちは。 まだ5月なのに 暑い日が続きますね。みなさんお変わりありませんか?

今は、学校検診のシーズンなのですが、当院も近隣の小・中学校、幼稚園・保育園の歯科検診に回っているところです。 子どもたちの元気な声と可愛い表情に、とても元気をもらっています。

検診の内容は主に、虫歯の有無と 歯茎の状態・歯並び・噛み合わせのチェックです。 検診の結果で 治療や相談をご希望する方は、重症化しないためにも 早めのご来院をおすすめしています。

異常が無かった方でも、検診や予防も行っていますので歯医者さんにかかる良いきっかけになればと思います。

ご予約 お待ちしております。                            N.U

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.05.19更新

令和

元号が令和になり、偶然見た富士山は、とても美しく神々しく何か特別な思いになりました。

6月からスタートするホワイト二ングプランは、歯を白くしたい...でもね...という其々の思いを...えっ‼︎それなら直ぐにnicoと...今、予約をたくさん頂いているプランです。

JUNEブライトの準備に、就活婚活など新しいスタートの準備に...

好感度up⤴️  笑顔づくりのお手伝いをさせて頂きます。(ウ)

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.05.14更新

今までの歯周治療と言えば歯磨き指導と歯石を除去したりする歯の周りのお掃除がどの歯科医院でもされている基本的な治療です。しかしこれらの治療をしても一生懸命歯磨きをしても中々歯肉の炎症が取れず歯肉の腫れや出血 口臭で悩まされ歯周病で歯を失う方がおられるのも事実です。ところが最近になって歯周病の原因である菌を退治することが出来るようになったのです。それが顕微鏡を使った歯周病治療なのです。その治療法について詳しく説明します。

①まずお口の中の歯垢(プラーク)を採取し 位相差顕微鏡という生きたままの細胞を観察できる顕微鏡で患者様のお口の中の細菌の種類や数をチェックします。

②歯周病菌が発見された場合 菌の種類 数 活動性などにより薬を処方します。善玉菌はそのままにし 悪玉菌だけに薬を使い除菌します。もちろん痛みはありません。人により異なりますが だいたい投薬開始から3日頃から除菌の効果が現われてきます。

③さまざまな種類のカビの除菌薬剤 あるいはカビ取り歯磨き剤での歯磨きで さまざまな歯周病菌やカビを減少させます。

④治療後 歯周病は感染症なので再感染に気を付けましょう。菌が感染しないように歯磨きでお口を清潔に保ち時々再感染してないか定期検診を受けたり 歯石を除去ひて口腔内を清潔に保つことが必要です。

⑤毎日の歯磨きで落ちないような歯の汚れを 歯科医院用機器を用いて綺麗にクリーニングし 歯周病を予防する処置PMTCを行う。いわゆるメンテナンスに入ります。

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.05.12更新

2月のホワイトニングキャンペーンが好評でしたので、今月よりデュアルホワイトニングの会員を募集しています。

ホワイトニングは歯を白くするだけではなく、細菌の数が減少することにより、歯周病、口臭、虫歯予防にも効果があると言われています。それに歯の色が白くなると実年齢より若く見える様です。そうですよね✨顔の印象の70%は口元で決まると言われています。

会員になると素敵な特典付きです。

またホワイトニングが出来ない方もいらっしゃいますので、お気軽にご相談ください。(ym)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.05.05更新

こんにちは。令和になって最初のブログ更新です。

GWは10連休だった方も多いのではないでしょうか。5月にはいって暖かくなりこまめに水分補給をしたり、心がけるようになってきますね。

そこで気をつけたいのがスポーツドリンクでの水分補給です。お水だけよりもミネラルなどが入ったスポーツドリンクは水分の吸収も早く夏に向けて出番が増えてきます。ですが、スポーツドリンクはミネラルと同様に砂糖も多く含まれています。そのため、ダラダラ飲み続けるとお口の中は元々中性なのに酸性に傾いてしまい、虫歯ができやすい環境になってしまいます。スポーツドリンクを飲むときは飲んだあとお水を飲んでお口の中を中性に戻す手助けをしてあげるといいですね。

少しずつ暑くなってきて脱水や熱中症に気をつけると同時に水分補給の仕方も少し工夫してみてくださいね(^^)

 

GW明けの当院の診療開始は5月7日9:30〜になっています。

連休明けということもあり予約が取りづらくなっております。ご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願い致します。

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.04.29更新

平成最後のブログ更新です。

今回は食と歯について書いていきます。

歯の健康、お口の健康は身体の健康と深い関わりがあります。

高齢の方のお悩みで「食べられるものが減った」とのお声をお聞きする事があります。

歯の状態が悪くなると柔らかい物を選ぶようになり、食に偏りが出てきます。そうなると徐々に栄養バランスが崩れていきます。栄養バランスが崩れてくると骨が弱くなったり、肌荒れがひどくなったり、風邪を引きやすくなったりと様々な症状が出てくる場合もあります。

歯の健康を保つために、永久歯に生え変わり始める6歳頃からよく噛んで食べる習慣が大切になります。

歯ごたえのある食材を取り入れたり、熱の入れ方、切り方の工夫でいつもの食事がカミカミ献立に!

子供の頃から沢山カミカミして歯の健康を維持していきましょう。

当院では歯のメンテナンスもしております。気になる方は当院にお問い合わせ下さい。

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.04.15更新

こんにちわ!

もうすぐGW突入しますね^_^今年はなんと10連休になる方もいらっしゃりますよね!

そんな楽しい休みの前にホワイトニングを行って、白く輝く歯で写真を撮って行きませんか!! より楽しい思い出が作れます(^^)きっと!!

歯科医院に行き一日で歯を白くするワンデーホワイトニングや、自宅でじっくり白くしていくホームホワイトニング

またその両方をやるデュアルホワイトニング!!^_^

まだまだ歯を白くするのには間に合いますので気になる方は当院のスタッフまでお問い合わせください^^

なお当院はGW期間の4月28〜5月6日までお休みさせていただきます。

(k.y)

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2019.04.13更新

皆さん、こんにちは。
歯を失い、見た目が気になっている、硬い食事がとれないなどお困りでないでしょうか?
今日はインプラント治療についてお話したいと思います。
インプラントとは歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根(チタン)を埋め込む治療です。
ブリッジや入れ歯と異なり、インプラント治療は両隣の歯を傷つけずに行うことができます。
一度削ってしまった歯は元には戻りません。
両隣の歯を守る意味でもインプラント治療をお勧めします。
インプラントは見た目も自然で、噛み心地も自分の歯のようによく噛めます。
噛めるようになると、美味しい食事も楽しくなり、何事にも積極的になります。
インプラントが終わった後は、毎日のブラッシングはもちろん、定期健診(メンテナンス)がとても大切です。
メンテナンスさえきちんとしていれば半永久的に保つことができるのです。
興味のある方は、お気軽にご相談ください。
                               Yw

投稿者: うりゅう歯科クリニック

前へ 前へ

SEARCH