クリニックBLOG

sp_bn01.png
メールで問い合わせ

2017.09.25更新

 

 

当院のインビザラインモニターです。

 

 

インビザライン

 

 上の歯はだんだんと綺麗なアーチ状になってきて終わりも近くなってきましたが

下の歯は奥歯が横に倒れていたり前歯がガタガタだったり

まだ時間がかかりそうですね。

 

噛みにくさはまだまだ改善されないようで麺類など咬み切れないようです...

予定では奥歯が起き上がってくるのは最後のほうなので

あと1年くらいは我慢しないといけないですね。

 

また1~2か月後に更新します☆

 

もし矯正治療等興味があれば

ご連絡お待ちしております。

 

 

(E.K)

 

 

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2017.09.18更新

皆さんは「口呼吸」をご存知ですか?    その名前の通り、鼻ではなく 口で 吸って 吐く ことをいいます。

人間は本来、鼻呼吸が 正常なのですが、アレルギー性鼻炎や いくつかの要因によって 口が開いたままになり、口呼吸になるといわれています。

鼻から息を吸うことで、鼻がフィルターの役割を果たし、体内に悪い菌の浸入を防いでくれるのですが、 口から吸ってしまうと 直接 体内に菌を取り込んでしまうため、風邪などの感染症にかかりやすくなってしまいます。  

同じように、口が開いたままでは 口の中が乾燥してしまい、虫歯や歯周病のリスクを上げてしまいます。それだけでなく 酸素をしっかりと取り込めなくて  集中力の低下や持久力をも低下させるといわれています。

口呼吸は 何一つ 良いことはありません。 眠っている時も起こります。  あなたは 大丈夫ですか…⁇

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2017.09.03更新

朝晩の気温が下がり、少し涼しくなって秋の気配を感じる様になりました。

そろそろ秋の食材が食卓に並び、美味しい物を沢山食べて、外へのお出掛けも増えて来る季節ですね。

診療室では、治療の合間に気になっている事などをお聞きすることが有ります。

先日、ある患者様とのお話の中で、歯茎を休めるために食べる時以外は、取り外しの入れ歯を外しているという事をお聞きしました。

よく歯は食べるために必要な物ですが、それだけではないという事を少しお話させて頂くと、以外と皆さんはえっ⁈と驚かれます。お口の中では、複雑な動きを重ねて、呼吸したり話したり食べ物を摂取しています。

上下の噛み合う歯があって、身体のバランスも整います。生活している時、特に体を動かしている時、噛み合う歯があるか無いかで、アクシデントがあった時大怪我になることもあります。

「わ〜夕方ウォーキングしている時に外してた〜」

という事で、その必要性も理解頂けて良かったです。(ウ)

投稿者: うりゅう歯科クリニック