クリニックBLOG

5a7f542ae664af3a52d6c796460143b86f18f61d.png
メールで問い合わせ

2018.11.19更新

雨が降って路に落ち葉がたくさん落ちています。紅葉も終りますね。

齲蝕の三大要因のひとつ宿主について

唾液の分泌量.質、歯質、歯列などですが、特に唾液は糖質を洗い流す自浄作用、唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンによる再石灰化の促進作用、ハイドロキシアパタイトの結晶構造を安定させる、歯質強化作用、食後に酸性に傾いた口腔内を中性に戻そうとする緩衝作用、細菌の抑制作用により齲蝕予防に大きな役割を果たしています。そのため分泌量が減少するとカリエスリスクが高くなります。分泌を促進し、カリエスリスクを減らす為には、シュガーレスガムを活用したり、レモンなどの酸っぱい食べ物を想像したり、唾液線マッサージも効果的です。また、フッ化物の働きを利用して歯の再石灰化を促すのも効果的です。

どの年齢になっても、フッ化物は有効です。

3ヵ月に1度はプロケアをお薦めします。虫歯、歯周病を予防しましょう。(ym)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.11.12更新

こんにちは。

11月も中旬に入り段々寒くなり、次第に今年のクリスマスについて考え始める方もいらっしゃると思われます。

そこで今年のクリスマスは輝く口元glitterでお過ごしするのは如何でしょうか!

うりゅう歯科クリニックではご自宅でも出来るホワイトニングを提供しております。ホワイトニングのやり方はとても簡単で

最初に歯型の型取りをしてマウスピースの用意をして頂き、

①マウスピースに専用のジェルを入れて5〜8時間装着。

②それを毎日1ヶ月行います。

ホワイトニングには個人差はありますが、輝く口元でglitterクリスマスを過ごし新年を迎えるのはいかがですかbirdbird

 (k.y)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.11.07更新

こんにちは( ・ε・)

皆さんは虫歯になってしまった歯をそのまま放置していませんか??

虫歯を治療せずにそのままにしていると虫歯が進んで歯がぼろぼろになってしまいます。

通常の治療だと虫歯を削り取るため歯を大きく削らなければなりません。

一方、保険外のドックスベストセメントを用いることにより、歯を削る量が少なくて済むため、前者に比べ歯の寿命が長くなるとも言えます。

削った歯は再生しないため極力削らない治療を行うことをお薦めしています。

興味がある方はお近くのスタッフ、ドクターまでお声がけください。

Yw

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.10.24更新

 

こんにちはstar

すっかり寒くなってきましたね。

体調を崩される方も多くなってくる季節なので、暖かくして風邪に気をつけていきましょうnico

 

今月うりゅう歯科クリニックでは10月の29・30・31日限定でお子様にハロウィンのお菓子をご用意しています。

 

ご用意しているお菓子は全て虫歯予防効果のあるキシリトール配合のお菓子になっていますcake2

 

キシリトールには

glitter3虫歯の原因となる酸をつくらない

glitter3虫歯の原因菌(ミュータンス菌)を減らすことができる

glitter3歯の再石灰化を助ける

glitter3歯垢を作る原因とならず、歯垢の量を減らし歯磨きで落としやすくしてくれる

 

などなど、歯の健康を守ってくれるうれしいメリットがたくさんありますnico

毎日の間食でも歯の健康を守っていけるものがたくさん作られていますので、食事から虫歯予防を取り入れてみるのもおすすめです。

3日間お配りするお菓子で、キシリトール入りのおやつの味をお試ししてみてくださいgyacake2

 

(a.u.)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.10.16更新

前回のブログで、少し触れました、洗口液、皆様お使いになったことはありますか??洗口液といっても、成分や効能、使用感など様々で、歯ブラシや歯磨剤のように、ご自分に合ったものに出会えるといいですよね。当院でも、いくつかご用意しておりますが、新しくご紹介したいものがあります。それは…こちら‼︎

オゾンナノバブル水

オゾンガスを特殊な技術で水に溶け込ませ、それ自体に殺菌力をもたせたものです。この殺菌力は非常に高く、歯周病菌、虫歯菌だけでなく、これからの季節に流行する、インフルエンザウイルスや、ノロウイルスにも効果があります!原材料は、水と酸素だけ!(香味料として、塩化ナトリウムが入っています)なので、ほんのり塩味がするかな?という程度で、特に嫌な味も刺激もありません。使用後は分解されて水に戻るので、誰でも安心してお使いいただけます。冷蔵庫で保存しなければならないので、受付に置くことができません…気になる方は是非、スタッフにお声かけください!!

(n.y)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.10.09更新

最近、朝夜は寒く昼は暑いという日々が続いていますが、みなさま体調はいかがですか?

 

季節の変わり目にはいつも以上に 手洗い・うがいを徹底して心掛けて風邪を引かないよう気を付けたいものです。

特に歯磨き後にうがいをすることで、口の中に数多く存在する虫歯や歯周病の原因となる細菌・磨き残しは少なくなります。

洗口液などを合わせて使うとより効果的です。

朝起きた時の口の中の粘着きや不快感も改善されるかも?

 

興味のある方はお気軽にスタッフにお声掛けください!flower

 

(SK)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.09.30更新

歯を丈夫にする歯磨き剤は、宇宙から生まれたそうです。

宇宙飛行士たちは、無重力の環境下で歯や骨がもろくなるという大きな問題を抱えていました。そこでNASAが進めたのが、歯や骨の主成分であるハイドロキシアパタイトの研究。

ハイドロキシアパタイトは、人の骨60%、歯のエナメル質97%、象牙質の70%を構成しています。

歯磨き剤にハイドロキシアパタイトを配合すれば、日々の生活の中で歯を丈夫にすることができるのではないか?との発想から現在の商品開発へと繋がったそうです。

歯磨き剤は今日たくさん種類があり、選択に迷われますよね(笑)構成成分表示を確認し、ハイドロキシアパタイトやフッ素の含有量が多いものを選んでみて下さい!

 

                  (n.happy)

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.09.24更新

唾液と虫歯は関係ないように思えますが、口腔内を健康な状態に保つには唾液はとても大切です。

体全体の健康を保つにも唾液は大きな役割を持っています。

『唾液の働き』

○食べ物の消化を助ける

○口から入る病原体の侵入を防ぐ

○話す時の発音を滑らかにする

○歯についた汚れを洗い流す

○口臭、虫歯の予防

 

唾液は加齢やストレス、服用薬の影響でも分泌量が減ってしまう事があります。

「食べ物の噛む回数を増やす」「噛み応えのある物をしっかり噛む」など、唾液腺を刺激して唾液の分泌を促し、口腔内と歯の健康を守りましょう!!

顎の下を指でマッサージするのも効果的です。 (c.t)

 

 

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.09.18更新

 

こんにちは!

インビザラインモニターですが、前回から6か月経過しました。

今現在の歯の状況ですが、2回目のマウスピースを全部交換し終えて

やっと矯正が終わるぞー!と思っていた矢先

奥歯に隙間が空いてて物が噛みづらく食べ物があまり噛めない状態と

嚙み合せた時に上の前歯と下の前歯の隙間が大きい続いていました。

 

この事を先生に相談したところ、「まだインビザラインを続けたほうがいいね」

と言われ1か月ほど前から新しいインビザラインを付け始めたところです。

 

新しいインビザラインには見たことのない切れ目があり

上の歯と下の歯にゴムを引っ掛けて噛み合わせを整えていくそう。

 

インビザライン

 

↑のような感じになります。

このマウスピースに切れ目が入っているパターンと

マウスピースの空いた空間にボタンを付けて引っ掛けるパターンなど

何種類かパターンがあるみたいです。

 

少し喋りづらいのとあまり口を大きく開けてしまうと

パチン!!と外れてしまう事があるのでそこだけ注意が必要です。

 

この引っ掛かりはインビザラインをしている全ての患者様についているわけではないですが

治療の途中で噛みにくい等あればこういったあまり目立たないゴムを付けて

修正することも可能ですので気になる事等ありましたら

Drもしくはスタッフにお気軽にお声掛けください。

 

(e.k)

 

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.09.09更新

こんにちは。  今年の夏は 毎日毎日本当に 暑かったですね。

ようやく9月に入り、秋の気配を感じるようになりました。

我が家の子供たちは、いま 運動会の練習 真っ最中。 昼間の残暑厳しい中 汗びっしょりで 毎日励んでいます。

学校からの配慮で、熱中症対策として 練習の期間に限り スポーツ飲料も水筒の中に入れてきて良い ということになり、子供たちはもちろん保護者としても うれしく思っています。

ただ、飲み過ぎには 要注意!!   スポーツ飲料は、糖分の濃度が高く 絶えず口の中に残ると 当然虫歯の原因になります。一方、 昔から飲まれている麦茶は 他のお茶よりミネラルを多く含み かつ 体を冷ます効果があるとされ、 熱中症対策として見直されています。

何事も 偏らず 上手に摂取することが、私たちの健康に一番大切なことだと思います。

                                                         (N.U)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

前へ