クリニックBLOG

5a7f542ae664af3a52d6c796460143b86f18f61d.png
メールで問い合わせ

2018.09.18更新

 

こんにちは!

インビザラインモニターですが、前回から6か月経過しました。

今現在の歯の状況ですが、2回目のマウスピースを全部交換し終えて

やっと矯正が終わるぞー!と思っていた矢先

奥歯に隙間が空いてて物が噛みづらく食べ物があまり噛めない状態と

嚙み合せた時に上の前歯と下の前歯の隙間が大きい続いていました。

 

この事を先生に相談したところ、「まだインビザラインを続けたほうがいいね」

と言われ1か月ほど前から新しいインビザラインを付け始めたところです。

 

新しいインビザラインには見たことのない切れ目があり

上の歯と下の歯にゴムを引っ掛けて噛み合わせを整えていくそう。

 

インビザライン

 

↑のような感じになります。

このマウスピースに切れ目が入っているパターンと

マウスピースの空いた空間にボタンを付けて引っ掛けるパターンなど

何種類かパターンがあるみたいです。

 

少し喋りづらいのとあまり口を大きく開けてしまうと

パチン!!と外れてしまう事があるのでそこだけ注意が必要です。

 

この引っ掛かりはインビザラインをしている全ての患者様についているわけではないですが

治療の途中で噛みにくい等あればこういったあまり目立たないゴムを付けて

修正することも可能ですので気になる事等ありましたら

Drもしくはスタッフにお気軽にお声掛けください。

 

(e.k)

 

 

 

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.09.09更新

こんにちは。  今年の夏は 毎日毎日本当に 暑かったですね。

ようやく9月に入り、秋の気配を感じるようになりました。

我が家の子供たちは、いま 運動会の練習 真っ最中。 昼間の残暑厳しい中 汗びっしょりで 毎日励んでいます。

学校からの配慮で、熱中症対策として 練習の期間に限り スポーツ飲料も水筒の中に入れてきて良い ということになり、子供たちはもちろん保護者としても うれしく思っています。

ただ、飲み過ぎには 要注意!!   スポーツ飲料は、糖分の濃度が高く 絶えず口の中に残ると 当然虫歯の原因になります。一方、 昔から飲まれている麦茶は 他のお茶よりミネラルを多く含み かつ 体を冷ます効果があるとされ、 熱中症対策として見直されています。

何事も 偏らず 上手に摂取することが、私たちの健康に一番大切なことだと思います。

                                                         (N.U)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.09.02更新

9月2日 今年もあと120日...ということは...一年の2/3は過ぎているんですね。皆さんは、何か続けている事、頑張っている事は有りますか?
今日、院内スタッフで
"診る・気づく・伝えるメインテナンス"というセミナーに参加して来ました。
治療終了後も生涯健康な歯と口の環境を維持するためには、定期的にバイオフィルムの除去とリスクアセスメントが必要です。
口の中は全身の疾患とも繋がっているとも言われています。
虫歯は削って詰めて終わりではありません。その部位は日常的に虫歯になり易い環境で再発する可能性が高く、歯周病は、治療して病状が安定していても再発し易い病気です。

長期に渡り安定維持するための健康管理として再発防止・予防のプロクラムを立てませんか?

5年後〜10年後〜20年後〜30年後...の自分を想像してみて下さい。美味しく食事が出来ていますか?笑顔で元気に過ごせていますか?

気付いた時がスタートです。(ウ)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.08.30更新

 


北九州近郊に在住の方で

小学5年生~中学2年生までの女の子

「マウスピースモニターモデル募集」しています。

応募期間

   8月20日−9月30日

九州キッズコレクション   検索

詳しくは当院までご連絡ください。(ym)

モニターモデル募集ポスター

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.08.28更新

こんにちは(^o^)

今日は知覚過敏についてお話ししていきたいと思います。

知覚過敏とは、虫歯はないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシの際痛む症状を指します。

原因として、くいしばりや歯ブラシ、歯周病が挙げられます。

 

皆さん、普段の歯ブラシ強く磨いていませんか?

ブラッシング圧が強いと歯が削れてきてしまいますので気を付けましょう。

削れてしまっても、詰め物をする事で治療できますのでご安心下さい。

お口の事でお困りの際はご連絡下さい。

YW

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.08.08更新

 

2018年夏季休診のご案内です。

 

本院では下記の日程を夏季休診とさせて頂きます。

 

8月11日(土)~8月16日(木)

 

17日(金)9:30より診療開始となっております。

皆様にはご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願い致します。

 

(a.u.)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.07.09更新

先日の豪雨の爪痕がまだ残っていますが、梅雨明けしましたね。急に蒸し暑くなったような気がします。これから冷たいものをおいしく食べる為に…お口の中は大丈夫ですか??冷たいものがキーーーーン!!!しみる!!!なんてことはありませんか??

冷たいものがしみる原因は、大きく分けると2つ、虫歯と知覚過敏があります。虫歯の場合は、虫歯の進行によって歯のエナメル質や象牙質が溶け、神経に近いところまで穴が開くと、歯がしみるように感じ始めます。知覚過敏は、歯の内部の神経や毛細血管に刺激が伝わることで歯がしみると感じます。例えば、歯ぎしりや毎日のブラッシングで歯がすり減っている、食生活が原因で歯が溶けている、歯周病によって歯茎が下がっている、などの原因によって、歯の神経や歯根が露出し、刺激が加わることで歯がしみると感じるのです。どちらにしても、ほおっておくと、神経を取らないといけない…となりかねませんので、ぜひ早めの受診をおすすめします。

 

(n.y)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.07.01更新

最近暑さが続いたかと思うと、雨が降ったりと不安定な日が続きますね。

 

さて、今日は当院で扱っているオーソパルスという装置を紹介します。

オーソパルスとは、近赤外線を歯周組織に当てることにより細胞を活性化させる装置で

インビザライン矯正と合わせて使うことで、より痛みを軽減しスムーズ歯を動かしていきます。

従来のインビザラインでは2週間に1度のペースで交換していただいていますが

オーソパルスを使うことで最短3日!で交換することも可能です。

 

矯正を始めたいけどあまり期間はかけられない、近々にイベントがありそれまでに終わらせたい…etc

そんなお悩みをお持ち方は、まずはお気軽にご相談ください!(sk)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.06.24更新

雨が降り続くせいで気温が下がることを「梅雨冷え」と言うそうですが、この時期は体も冷えて不調になりがち。

体を温めるよう心がけて、暑い夏を元気に迎える準備をしませんか?

 

味方につけよう高タンパク食品!

体をつくる材料となるタンパク質。実は、消化の際に熱を生み出したり、筋肉をつけて代謝を上げたりなど、冷えにくい体づくりの強い味方でもあります。気温が低い日が続くときは、大豆製品、卵類、魚介類などの高タンパク食品を積極的に摂りましょう。

特に朝食は、1日の体温に大きな影響を与えるので重要です。

忙しい朝でも簡単に摂れる納豆ごはん、卵かけごはん、鮭おにぎりなどは高タンパク食品です。

是非試されてみて下さい。

 

           n.happy

投稿者: うりゅう歯科クリニック

2018.06.17更新

夏になると食べる機会が増えるパイナップルですが、

パイナップルを食べて舌がピリピリする事はありませんか?

パイナップルには『ブロメライン』という、消化を助ける酵素が含まれています。この酵素はタンパク質を分解する作用があり、舌を保護している粘膜のタンパク質を分解してしまうため、パイナップルの酸味が刺激となって舌がピリピリと痛くなります。

食べ過ぎには注意したい所ですが、パイナップルを食べると消化が良くなり、便秘解消につながって、全身の代謝が良くなるそうです。

舌が痛くならないパイナップルの食べ方は、ヨーグルトに入れて食べる方法がおススメだそうですよ!!(c.t)

投稿者: うりゅう歯科クリニック

前へ