クリニックBLOG

5a7f542ae664af3a52d6c796460143b86f18f61d.png
メールで問い合わせ

2018.11.19更新

雨が降って路に落ち葉がたくさん落ちています。紅葉も終りますね。

齲蝕の三大要因のひとつ宿主について

唾液の分泌量.質、歯質、歯列などですが、特に唾液は糖質を洗い流す自浄作用、唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンによる再石灰化の促進作用、ハイドロキシアパタイトの結晶構造を安定させる、歯質強化作用、食後に酸性に傾いた口腔内を中性に戻そうとする緩衝作用、細菌の抑制作用により齲蝕予防に大きな役割を果たしています。そのため分泌量が減少するとカリエスリスクが高くなります。分泌を促進し、カリエスリスクを減らす為には、シュガーレスガムを活用したり、レモンなどの酸っぱい食べ物を想像したり、唾液線マッサージも効果的です。また、フッ化物の働きを利用して歯の再石灰化を促すのも効果的です。

どの年齢になっても、フッ化物は有効です。

3ヵ月に1度はプロケアをお薦めします。虫歯、歯周病を予防しましょう。(ym)

投稿者: うりゅう歯科クリニック