クリニックBLOG

5a7f542ae664af3a52d6c796460143b86f18f61d.png
メールで問い合わせ

2018.06.24更新

雨が降り続くせいで気温が下がることを「梅雨冷え」と言うそうですが、この時期は体も冷えて不調になりがち。

体を温めるよう心がけて、暑い夏を元気に迎える準備をしませんか?

 

味方につけよう高タンパク食品!

体をつくる材料となるタンパク質。実は、消化の際に熱を生み出したり、筋肉をつけて代謝を上げたりなど、冷えにくい体づくりの強い味方でもあります。気温が低い日が続くときは、大豆製品、卵類、魚介類などの高タンパク食品を積極的に摂りましょう。

特に朝食は、1日の体温に大きな影響を与えるので重要です。

忙しい朝でも簡単に摂れる納豆ごはん、卵かけごはん、鮭おにぎりなどは高タンパク食品です。

是非試されてみて下さい。

 

           n.happy

投稿者: うりゅう歯科クリニック